@fundoka
褌土方
Posts
10107
Last update
2020-08-07 05:33:09
    sakamoccyan

    キレンジャーの次のターゲットはこいつだ😈

    sakamoccyan

    黄色に続いて赤のヒーローも捕獲。引退してイベント戦隊ショーで素顔露出で、ゆるく生活、すっかり太ってしまった赤❗️拘束され悪漢どもの毒牙が…どーなるアカレンジャー‼️

    sakamoccyan
  • 「へへ…レッドよオ、久しぶりだなぁ~!ずいぶんデブっちまったのぉ…」
  • 古参の戦闘員が動けないレッドを裸にしていく…「俺はデブの方が好きだぜ…😊」
  • 「な、何だと…⁉️ヤメろ~」
  • あっという間にマスク、スーツを剥かれ丸裸にされるレッド❗️😰
  • 「チン🌑も短小包茎だなぁ😁どら…」
  • 中年男に咥えられ悶えるレッド…⁉️😵
  • 「ア!ああ…❗️ダメ~💦」 乳首責め+熟練の舌技、空いた手で金玉をイタぶられ、悶絶するデブレッド⁉️早くも大ピンチ😱
  • hagedebukuma

    今度は赤レンジャー凌辱ですね

    fundoka

    続編希望!

    kensuke-goda-1959

    “花王 ハミング涼感テクノロジー 宣言篇+機能篇・通常期 CM” を YouTube で見る

    スキンヘッドの鳶親父がかっこいい‼️チャラス吉村に似てる😝😍😆

    g-musclebear

    スキンヘッドの鳶親父 の本職は料理人ですよ。

    kensuke-goda-1959

    へぇーx3‼️😭😭これもコスプレやったりして😭

    fundoka

    オレも料理して!

    quote-over1000notes-jp

    “何で、日本で最も多くの人が(無意識レベルででも)信仰しているものを「神道」と呼ぶか知ってる? それは「神道」が宗教ではないから。 宗教として人の都合で固められた教えは、やがては時代にそぐわなくなり、いつか維持できなくなる。そうして形骸化した神(=教え)は求心力を失って“死ぬ”しかない。 その現象を神の死と、キリスト教の人々は捉えたんだと思う。 神道が宗教でないなら、何なのか? 読んで字の通り「道」なんだよ。 言うなれば華道や書道、剣道や柔道や、武士道なんかと同じ。 どの道にも、究める先には必ず美が在り神が宿る。 「教え」じゃないんだ。人から教えられて得られるものなんて、極々最初のほんの僅か。その先は自らが悟り、さらなる先を求め、より高みを目指し研鑽するしかない。終わりも涯てもなく、ずっと続く道。 だから神道には、宗教には必須であるはずの教典がない。 作法は教えられても、その精神は各々が掴み取るものだから。 同じ様に禁忌もない。何をやっても構わない。 ただ、ほとんどの「道」で、ある程度修めた人がおのずから悟るように“やってもいいけど、やらないほうが好ましいこと”ってのはあるけど。 日本人の胸に目に見えぬ神様を畏れ敬う心がある限り、道は続いて行くんだろう。“神の死ぬ日”は訪れないだろうね。”

    「ど」の字:神が死んだ。ニートな2ちゃんねらー日記 (via sqiz)

    quote-over1000notes-jp

    “日本人が優しいのは遺伝子に原因があったのではないか だから、多くの国で、自分の友人や親族の誰かが殺された経験を持っている。 女性も、殴られたり、レイプされたりする率は非常に高い。その殺され方も日本人が見ると、想像できないほどの残虐性である。だから、多くの外国人女性が日本にやってきて、日本の治安の良さに驚嘆する。 「いったい、日本はなぜこんなに治安が良いのか?」 日本がこれほどまで治安が良いのは、いろいろな説があるが、端的に言えば、日本人が穏やかで優しい民族だからである。 では、なぜ日本人は穏やかで優しいのか。 日本人は文化や風習や自制心によって、その優しさを磨いてきたという説もあった。 最近になって、日本人が優しいのは遺伝子に原因があったのではないかという説が有力視されつつある。 1996年11月、オーストリアのザルツブルク大学の科学者が、「セロトニントランスポーター遺伝子」というものを発見した。 これは、セロトニンの伝達に関連する情報が書き込まれた遺伝子なのだが、この遺伝子は、恐怖を強く感じるか、それほど感じないかを司る遺伝子だったのだ。 この遺伝子の組み合わせによって、人は恐怖を強く感じたり、それほど感じなかったりするのである。これが、人種によって違っているのが明らかになった。世界では何かあると暴動や暴力や破壊が発生する。日本でも暴動が起きてもおかしくない案件が山ほどあるが、ほとんどの日本人は我慢する。 日本人は圧倒的なまでにSS型で占められている 「セロトニントランスポーター遺伝子」のタイプは3つあったのだが、この3つのタイプで恐怖を感じる度合いが違ってくるのである。 3つのタイプとは以下のものである。 LL型 恐怖に鈍感 SL型 恐怖に中立 SS型 恐怖に敏感 人種によって、どのタイプが多いのか分布がまったく違っていることが分かっている。恐怖に敏感なSS型が、その人種でどれくらいの割合で存在しているのかを調べたデータがあるようだが、それによると、以下のようになっていたという。 南アフリカ人 32% ドイツ人 64% インド人 67% 日本人 97% 日本人は圧倒的なまでにSS型で占められている。ほとんど全員がSS型と言ってもいいほどだ。 恐怖に敏感であるということは、悪いことのように見えるが、実は厳しい環境の中で生き残るためには欠かせない重要な要素である。 恐怖があるから、慎重になり、それゆえに生き残りやすい。また、環境の変化に敏感で、トラブルが起きる前に回避してしまう行動を起こすから、結果的に社会は安定したものになる。 つまり、優しい社会になる。 このSS型が世界で最も多いのが日本人であるとすると、日本人は、遺伝子レベルで優しさが組み込まれていたということになる。日本人の優しさは、先天的なものであり、天性のものだったのである。2011年3月11日の東日本大震災という未曾有の震災に見舞われても、略奪も暴動も起きず、日本人同士で助け合った。震災よりも、日本人の態度に世界は驚いた。 集団で相手と対抗するというのは、重要な知恵だった 「セロトニントランスポーター遺伝子」のSS型が多いというのは、個体としては弱いということを意味する。 恐怖を感じやすいというのは、すなわち激しい主張、激しい暴力、激しい対立、激しい交渉は苦手だということだ。それは日本人の社会を見ても納得できるものがある。 諸外国の厚かましさは、日本人から見れば想像すらできない「野蛮な世界の住民」にしか見えない。 インド人はSS型が67%だから、優しい人も意外に多いように見えるが、日本人から見ると、そのインド人ですらも野蛮人か原始人のように見える人が多い。 それほど、日本人は優しい。 だから、この弱さを克服するために、いろいろな方法が日本では考え出された。集団を作り、常に集団で相手と対抗するというのは、その中でも最も重要な知恵だった。 個人と個人なら、どうしても勝てない。しかし、個人と集団であれば、集団の数が大きければ大きいほど勝てる。 日本人が集団で生きるのが当然のように考えるのは、逆に言えば集団でなければ勝てないことを自覚しているからだ。 この集団は、互いに気配りするために非常にまとまりが強い。長期に渡って、ひとつの目標に向かって進むことができる。だから、集団になった日本人は異常に強い。 集団になった日本人の強さは時に伝説を生み出すのは、日本人ひとりひとりが弱さを克服するための集団であることを意識しているからだ。 逆に言えば、集団から外れて、ただの個人となった日本人は、とても弱い可能性が高い。 日本に自営業の人が外国に比べて少ないのも、個人であることの弱さを認識しているからであると言える。 そんな世の中で、もし日本人のあなたが一匹狼として生きるのであれば、個体としての弱さを克服するために、何らかの知恵が必要になるということだ。 そうしないと、一方的にやられてしまう可能性がある。”

    日本人が優しく、個人がのは、遺伝子に原因があった? (via sqiz)

    // ', root_name, ''].join('')) : 'missing'); var node_post = document.querySelector('#post_' + post.id); var root_info = node_post.querySelector('.root_info'); root_info.innerHTML = ' [' + text_root_link + ']'; var script = document.querySelector('#showroot_' + post.id); script.parentNode.removeChild(script); }function next_pageCorrection() { "use strict"; var m, type, pagenum; if (m = location.href.match(/show\/(photos|text|quotes|links|chats|audio|videos)\/?(\d+)?/)) { type = m[1]; pagenum = (m[2] == undefined) ? 2 : parseInt(m[2]) + 1; return '/show/' + type + '/' + pagenum; } return null; } // ]]>//

    (via book-cat)

    drhaniwa

    すみだ水族館のリニュールおめでとが、皆水棲生物の名前
    via: Twitter / @NS944A

    まぁ、実際に本人からの贈られた物なのかどうかは判りませんが、たとえ仕込みだったとしてもインパクトありますよね。 水棲生物の専門知識はもちろん、このような人々を楽しませてくれるセンスを併せ持った水族館。ぜひ一度、訪れてみたいものです。

    https://bit.ly/32MKKOV
    (錚々る顔ぶれ!)

    fundoka

    スカイツリーの下にあります。