まだ5やRが規制される前の自身の体験談

*気持ちよくなれるけど、入れてみる?

その頃は、ヤリたいと思ったら発展場か地元の掲示板に投稿することくらいしかなかった。

前日からmrmrしていたが、その日は発展場には行かず掲示板に「エロくやれるタチ募集」というような投稿をし待っていた。すぐに何通かメールで反応があったが、どれもいまいちピンとこなかった。 10通近くメールが来てきた後、そのメールが届いた。

「40代タチ二人、やりたい」ただそれだけの内容だったが、長々と書いてあるメールより気になり、返信してみると、すぐに「場所あり、…」と住所が書いてあるメールが届いた。 だいたいこういう時は、「顔画像送れ・タイプは?」などと面倒なやり取りをしたあげく結局破談になる事が多いが、すぐに住所が来たので驚いたが、手っ取り早くてさらに興味を持った。

住所を見ると、車なしでも行けない場所ではなかったので、「今から向かいます」と返信した。発展場でも40代やそれ以上と思われるおじさん達とやっていてエロいイメージが強かったので、エロいのを期待してマンコが疼き勃起したりしながら向かった。

書かれていた住所に着くと、結構大きなマンションで、オートロックを開けてもらい部屋へ向かった。 玄関の鍵は開けてあったので開けて入ると中は暗かった。 奥の方の扉の隙間から明かりが漏れていたのでそっちの方へ進み、入ると照明が抑えられていてパンツ姿のタチ2人がベッドに座ってこっちを向いていた。

2人ともガッチリした体格で短髪。 40代書いてあったが50代かもというような感じではあったが、男臭いし体型が良かったから問題なかった。いつもは1対1でやるが2対1で緊張して立っていると、こっちへおいでと2人の間に誘われて座った。タイプの体型のおじさん2人に囲まれさらに緊張していると、両側から優しく耳を触られたり舌で舐められたりされ「んっ」と感じてしまい、さらに責められていると「あぁぁぁ」と吐息と共に喘いでしまった。

耳から首筋に舌を這わされ、ここまでくると服を脱がされた。 「気持ちいい?」と聞かれ頷くと、「じゃあ、もっと感じて」といいながら、小瓶が鼻に当てられて両鼻で思いっきり吸うと、目がチカチカしてきてふぁ〜としていると、両側から乳首に手が伸びてきて弄び始める。その頃から乳首はチンポよりも感じていたので、両側から指や舌で優しく責められると力が入らず、 後ろに倒れてしまった。

ベッドの上に寝転んだ感じになりさらに2人の責めが続き少し声を抑えて喘いていると、「大きな声出していいよ」と言われ、我慢せずに大きな声で喘ぎまくった。 初めは上半身だけだったが、「ズボンも脱ごうか」と脱がさせれパンツだけにされると、チンポは勃起しパンツに大きくシミができていた。先走りが多く、アナニーの時でも、もぞもぞ触っているだけでパンツや手がベトベトになるので、この状況ならさらに…。

パンツのシミを見ながら、「まだほとんど何もしてないのに、チンポ大きくなってパンツが濡れてるよ」と言われ、恥ずかしく何も言わないでいると、「いっぱい感じてくれて嬉しいよ、もっと気持ちよくなろうか」と言われ、興奮してしまった。

不意に1人のおじさんが立ち上がり自分の前にきて、膝をついてシミができているパンツに鼻をつけてきて、「あぁ、いい匂い」「おしっこと先走りの匂いがするよ」と言い、シミの部分に口をつけて吸い始めた。 「美味しい」「美味しい」と繰り返しながら、しばらくパンツのシミの汁を吸っていた。 直接チンポには触れていないが、パンツを通して唇や舌の感触がチンポに伝わり、チンポからは透明な汁が溢れてくるのか、おじさんは美味しそうにジュルジュルとパンツの上から吸って味わっていた。

渡された小瓶を何回も吸いヘロヘロになりながら、もう1人のおじさんは、さっきの続きで耳や首筋乳首や上半身をくまなく舐めて、小瓶と2人の責めに力が入らず、ベッドに倒れて寝たまま喘がされた。

いつのまにかパンツ脱がされ、勃起したチンポをゆっくりと味わうように、咥えられ舐められていた。 しばらく責められていると、チンポを咥えていたおじさんが突然足を持ってマングリ返しの格好をさせてきた。 あっという間の出来事で驚いていると、露わになったマンコを2人で見ながら「ここも感じる?」と指で撫でてきた。 恥ずかしくて答えられずにいると、さらに優しく指で触ってきたので「んっ」と感じると、2人して指でいじってきた。乳首同様マンコももろ感なので、すぐに喘えいでしまった。 指でだけだっのが舌でも舐められ始め「ほら、おマンコ開いてきたよ」「おマンコいい匂い」と恥ずかしくなるような事を言われながら、指や舌で責められた。

「もっと吸ってごらん、おマンコパックリ開くよ」と言われ、両鼻で思いっきり吸い責められていると、途中「ほら、触ってごらん」と自分の手をマンコに持っていかされた。 今までにないくらい開いていた。 まだ、ここまで指や舌で入口を刺激されただけで、指は突っ込まれてないのにこんなになっていて、驚いた。

一旦マングリ返しの体勢は解かれ、また初めのようにベッドのヘリに自分を挟んで座る状況に。 少しの間、「気持ちよかった?」 「全身感じるんだね」などの話しをしていると1人のおじさんが部屋を出て行き、何かを持ってすぐに戻ってきた。見せられると透明な小さな箱で、その時はよく分かるなかったが、今思えば薬を入れるピルケースだった。

透明なので中が見えて、よく見るとカプセルが2つ入っていた。 この時はまだ1〜2回くらいしか使ったことがなかったが、見てすぐに何かは分かった。 おじさんは、「これ何か分かる?」と聞いてきたので知らないフリをすると、「5メって聞いて事ある?」「もっと気持ちよくなれるんだよ」と説明しながら手に乗せてくれた。 珍しそうに眺めていると、「お尻から入れると、気持ちよくなれるけどや入れてみる?」と誘ってきた。

当時は規制されていなかってので、やってみたくて「入れたい」と言うと、おじさん達の方へマンコを向けて四つん這いにさせられ、ローションをつけた指でゆっくりと襞奥まで入れられた。「効いてくるまで、責めてあげるね」と、またベッドに寝かせられ、2人から全身舐められ喘がさせながら、その時を待った。

が、自分では気づかないうちに効き始めていて、気づくとかなりの大声をあげて喘ぎまくっていた。 自分の喘ぎ方が変わったからか、「効いてきた?」と聞かれ、初めて効いきているのを自覚し、5特有の音が遅れて聞こえているのにも気づいた。自分が話した声も何となく遅れて聞こえていて、「きちんと話せていますか?」と何回も聞いたのは覚えている。

時間が経つにつれてヘロヘロになり力が入らなくなっていったが、また2人で体起こしマングリ返しの格好にさせられた。もうヘロヘロだったのであまり覚えてないが、ディルドを出し入れされめちゃくちゃ喘がされ、その挙句トコロテンさせられ、そのザーメンが自分の顔に垂れたのは覚えている。

またいつのまにかおじさん達はパンツを脱いでいて、ぐったりして寝転んでいる自分の口に両側からチンポを近づけてきて、順番に口の中に入れてきていたのは覚えている。 次に覚えているのは、おじさんの顔が目の前にあり正常位で覆いかぶさって、チンポを突っ込まれている場面。 また、目の前にあるおじさんの口から舌が出てきて、「吸って」と言われヘロヘロの頭では考える事もできずに、おじさんのくさい臭いのする口から出ている舌を吸ったり、「美味しい、もっとちょうだい」と唾をたくさん口に垂らして飲ませてもらったりしながら掘られたのも覚えている。

次に覚えているのは、2人目のおじさんに掘るのが変わっていて、このおじさんにも唾をたくさん飲ませてもらいながら、ヘロヘロに喘がされた事。がっつり掘られていたと思うけど、ヘロヘロすぎて気持ちよさをほとんど覚えていないのが残念。

次に覚えているのは、もう掘られてはいなくて、ベッドの上におじさんに挟まれて寝転んでいる場面。

ピークは過ぎた感じで意識は少しはっきりしてきたので話しを聞くと、ひたすら大声で喘ぎ2人がイッた後も自分でマンコを触っていたらしく、ディルドを渡すと突っ込んで喘ぎでいたらしい。 全く記憶がない。

しばらくしておさまってくると、あまりにキマった後ぐったりして寝てしまったので、見守っていてくれたらしい。 マンコを触るとぽっかり開いていて、そこからドロドロした物が出てきていた。 臭いを嗅いでいると、おじさんが「それ種だよ」「2人で種付けたけど、いいよね」と当たり前のように言われ、頷いてしまった。 2人のチンポはカプセル仕込まれた後口元に持ってこられた時見たが、 すぐにヘロヘロになり覚えていなかったが、よく見ると2人とも勃ってなくても亀頭は太く竿も太く長いのがのが分かり、勃起するとかなりの大きさになるのが分かった。 こんなのが2本出し入れされたら、ぽっかりになるはずだなと思った。

しばらく話をしていると、2人からまた耳や乳首を触られ始めると、完全に抜けてない5のせいで心拍数が早くなり感じ方が強くなり、ピーク程ではないがまた気持ちよくなってきてしまった。 「まだ、抜けてないから気持ちいいね」「もう一個あるけど、入れてみる」と言われると、我慢できずに「入れて」と見やすいように両手でケツタブを拡げて2人にマンコを向けると、最初の時のようにゆっくりとマンコの奥にカプセルを押し込んで仕込んでくれた。

1回目の効き目もあったからか効きが早く感じヘロヘロになり、また気づくと掘られて種付けされ、もう1人にも生チンポ出し入れされ種付けられ、 後で聞いた話では、もうへろっへろになり、ただ掘られるだけの肉便器のようになっていたらしく、2人とも2回ずつ種付けしたらしい。 この時の事は全く覚えていない。

その後もしばらくベッドに寝ていて、ある程度効き目が切れてからシャワーを借りた。 3人で入ろうと言われ入ると、シャワーを浴びて血行が良くなったからかまた残っていた5が効き始め、浴槽の中でも2人に全身せめられ生チンポを出し入れされて、1回ずつ種付けされてしまった。

2人とはそれぞれ連絡先交換して、帰宅した。

終わり

*また3人の時や2人だけの時の体験もあるので、投稿します。