@aza10th
題名が未設定

人類の無形文化財として蒐集・研究しています。

Posts
11534
Last update
2021-07-21 05:44:54

    “家中の蚊を根絶やしにすべく網に電流が流れるラケットみたいなのを買ったんですが、破裂音や閃光とともに触れた蚊が爆散するのが思いのほか楽しく、命が弾ける音をもっと聞きたい…命の輝きをもっと見たい…とハイになってラケット片手に野外へ駆け出しそうになってしまう”

    https://twitter.com/hrwt_nitro/status/1414855782110093324

    gkojax-text

    “>落下時に物体が空気!?摩擦で発火してしまうほどの高度って、どのくらいなのでしょう? 1・アレは摩擦じゃないっス。   断熱圧縮。ピストンの出口にフタをして、ぐっと押し込んだ時と同じ事が起きてるんですよ。  どんな物体でも圧力をかければ温度が上昇する、って ことは知ってますよね?   大気圏突入する宇宙船はものすごく速いんで、機体前面の空気は横に逃げる間もなく圧縮されて熱を出すんです。   だから宇宙船のカプセルは熱に耐えるようにできてます。 2・高度は関係ないです。宇宙船の再突入のときに赤熱するのは、それが高い場所に あるからじゃなくて、ものすごく速い速度で地球を回ってるからなんです。たとえばスペースシャトルは高度300kmくらいの軌道を回ってますが、仮に高度 300kmの位置から地上に飛び降りたとしても赤熱はしないでしょう。終端速度はせいぜい音速を超えるか超えないかの程度の速度しか出せないでしょう。 ス ペースシャトルが赤熱するのは、高度300kmをマッハ20をこえる超高速で飛んでいるからです。”

    成層圏からのスカイング - スュドット・ジャ (via altimeter) (via tenkao) (via ohmizaiju) (via n13i) (via konishiroku) (via twinleaves) (via gkojax-text) (via umamoon) (via budda)

    (1) 科学ニュースメディア@ナゾロジーさんはTwitter使っています 「練習中はなく「頻繁な休憩」がスキルを上達させると判明 https://nazology.net/archives/91085 スキルの達には休憩も必要です。米NINDSの研究により、休憩中に脳は練習内容を20倍の速度で何度も再生していると判明。素早い上達を目指すなら適度な休憩が大事なんですね。 https://t.co/E7MTax44bl」 / Twitter

    highlandvalley

    “今回は、本気の「3歳児神話」をご紹介いたしたく、下記に箇条書きしたのでご覧いただきたい。 3歳児は、都合のいい時にだけ「女」を主張するエセ男女同権主義者の如く、普段赤子扱いすると怒るくせに、都合が悪くなると「まだあかちゃんだから」と言い訳をする 3歳児は、「クレヨンを玄関にぶちまける」「寝ている金魚を叩き起こす」「パソコンを強制終了させる」など散々反抗的な態度をとっておきながら、食後に「おかあさん、いつもおいしいごはんありがとう」などと殊勝な態度で親を懐柔する 3歳児は、「おかあさんだいきらい。どっかいっちゃって!」と罵倒した後、「ねぇ、さみしくないの?さみしいでしょ?ほんとは」などとウザめ女の如く懐柔する 3歳児は、「今日はお皿が3つしかないね」と晩飯の品数の少なさを暗に非難する 3歳児は、己の肛門に指を突っ込み「おかあさん!こんなところに穴が開いてるよ!なんで!?なんで!?」と泣き喚きながら人体の神秘を追求する 3歳児は、「へびはなにをたべるの?」「ネズミとかカエルだよ」と食物連鎖について教えた直後、ひとり背中を丸めながらおもちゃのヘビの口にミッキーマウスを押し込む 3歳児は、「ねえ、おかあさん、ちょっとタマゴ生んでよ」という無茶ぶりも厭わない 3歳児は、猛烈に叱られ極限状態になると、背を向けてハーモニカを吹きはじめる 3歳児は、子供向けのイベントにおけるハイテンションなお姉さんの「みんなー、楽しかったー?」の問いかけに、多くの子供が「たのしかたー!」と答える中、無表情で片手をずらしながら軽く拍手をする、という金正日スタイルで応答 3歳児は、プラレールに置石をする 3歳児は、「おかあさん、ウンチしてるところみせて」とフランクに要求する 3歳児は、お店屋さんごっこの最中、参加したげに近付いてきた年上の女児に向かい「遊んであげるよ。おまえ、ハナ出てるけど」などと挑発する 3歳児は、「ほら、お姉さんにどうぞ、ってしなさい」と促すと「おねえさんじゃないでしょ。おばさんでしょ」などと空気を読まない 3歳児は、おもちゃの救急車を走らせながら「病気の人はいませんかー?」と手当たり次第に患者を探す「流しの救急車」という新ジャンルを確立 3歳児は、「今日は、ばあばを持っていこうよ」などと人を人とも思わない 3歳児は、土産を忘れた義父に「きょうはミニカーをもってきたのですか?」とバカ丁寧な物言いでプレッシャーをかける 3歳児は、取組後の入浴に重点を置く、というマニアックな相撲ごっこを展開する 3歳児は、ミニカーから外したタイヤを積み上げ「オートバックスごっこ」と命名する 3歳児は、激しくシリモチをつくと「転んでないよ。座っただけ」と涙目でバレバレの嘘をつく 3歳児は、粘土を与えるとウンコを作る いかがだっただろうか。しかし、これはほんの一部に過ぎない。神話は、今こうしている間にも作られているのである。”

    [日常]誰がなんといおうと「3歳児は存在る - 2010-04-21 - なかフラメンコ (via plasticdreams) (via burnworks) (via pdl2h) (via flatmountain) (via uessai-text)
    2010-04-22 (via yasaiitame) (via kissmyhipbone) (via pirozhki) (via hkdmz) (via motovene) (via nashi-kyo) (via daizydaizy) (via myk0119) (via petapeta) (via hkdmz)

    highlandvalley

    “息子へ おまえにこの手紙を書いたのには3つの理由がある。 1. 人生は幸福も災難も無常だ。いつ死ぬかは分からないので早めに言っておきたい。 2. 私はおまえの父だ。私が言わなければ、誰も言ってくれない。 3. この手紙は私の悲惨な失敗体験から得たものばかりで、おまえの人生に役立つだろう。 今後の人生において、以下のことをよく覚えてほしい。 (1)おまえを悪く扱う人のことを気にしない。私とお前の母親を除けば、誰もおまえによくしてあげる義務はない。だからおまえによくしてくれる人を必ず大切にし、その人への恩を忘れてはならない。 (2)世の中には、居なければ困る人は存在しない。所有しなければ困る物は存在しない。お前が愛しているすべてを失っても人生は何とかなるものだ。 (3)命は短い。今日も浪費しているこの命は、明日にはもう消えるかもしれない。命を大切にしたいのであれば、命を楽しむ時間を増やすとよい。長生きよりも早く楽しむことが大切だ。 (4)愛情は一種の感覚に過ぎない。時間や心境と共に変化する。最愛の人がおまえから離れた場合、慌てずに時間を待つがいい。時間がおまえの心を洗い清め、おまえの苦痛を和らげてくれる。恋に憧れ過ぎないこと。失恋を悲しみ過ぎないこと。 (5)確かに多くの成功者はあまり勉強していない。しかし、これは勉強しなくても成功できることを意味しない。勉強で獲得した知識はおまえの武器だ。人はゼロから富を築くことができるが、何の武器も持たないと無理だ。これを絶対覚えておくのだ。 (6)私の老後はおまえに頼るつもりはない。おまえの老後は私に頼れる訳がない。おまえが成人して独立した時点では、私の責任は終わった。今後、バスに乗るのかベンツに乗るのか、春雨スープを飲むのかフカヒレスープを飲むのかそれは、全部おまえ自身の責任だ。 (7)おまえは自分に信用を守ることを要求できるが、同じことを他人に要求できない。おまえは人に優しくすることができるが、同様なことを人に期待してはいけない。おまえが他人を扱うように、他人がおまえを扱うとは限らない。これを理解できないと人生は苦痛が溜まるばかりだ。 (8)私は26年間、宝くじを買ってきたが、未だに三等賞にも当たっていない。リッチになりたいならば努力して仕事せよということだ。この世にはただのランチなどない。 (9)おまえと私は一回限りのご縁だ。お互いの縁がいつまで続くかは分からないが、共に過ごす時間を大切にしよう。お互い愛があろうがなかろうが、来世にもう出逢うことはない。”

    「息子への家書 | gentak.info (via 719043)

    よしきた!

    骨盤矯正……レントゲン撮りまくってるけど骨盤が歪んだ奴なんておらん。

    軟骨成分サプリ……悪いところの成分を食べるだけで体が治るなら世の中にハゲで悩む奴はおらん。

    血液クレンジング……肺がやってることを見せてくれるだけ。

    ホメオパシー……砂糖水をありがたがる宗教。

    波動治療……根拠なし。電波?

    水素水……うん、水だね。

    空間除菌……ウイルスが死ぬ空間では人も死ぬ。

    ニンニク注射……アリナミン飲めば同じやん。

    高濃度ビタミンC……やってもいいけどガンが治る保障はないよ。

    プラセンタ……動物の「胎盤」だけど気持ち悪くないの?

    がんの「免疫療法」……免疫チェックポイント阻害薬は本当。それ以外の紛い物は今のところ全部ウソ。

    O-リングテスト……子供騙し。

    オゾン発生器……人体に有害。

    キャベツで熱とり……ナンセンスかつ不潔。

    冷えとり……冷え性のために靴下履くのは理解できるけど信仰みたいなのは意味不明。

    足裏シート……うん、水分だね。

    体を温めて免疫力up……なら常に風呂入っとけ。

    EM菌……雑菌。不潔。

    酵素ジュース……飲んでも全部壊れるよ。

    https://twitter.com/shachikuhibiki/status/1299892932615446529?s=21

    yaruo

    “「なんで二次元で抜けるの?実在してないキャラにどうやって欲情してるの?」って聞かれたら「ただ抜くのに便利だからさ、たとえ存在してなくてもね。数学者が数式を解くのに便利だという理由で虚数iを信じるのと同じだよ」って言うと、一瞬だけかっこいい。”

    Twitter / sex_izonsho (via shingi)

    a-zou

    “幼児が「なんで」と聞く時は、原因ではなくて目的が知りたいとき。「なんでお日様がでてるの?」には、「あなたや草や木をあたためられるようにだよ」とか、そういう答えに満足する。仕組みや原因を知りたくなるのは、もう少し年齢があがってかららしい。この間読んだシュタイナーの本に書いてあった。— えりー (@erizof) October 27, 2013”

    http://twitter.com/i11ness/status/766487434804666369 (via i11matic)