@nashi-kyo
Untitled
Posts
649476
Last update
2021-05-05 14:50:07

    小学生の時の同級生にプロのスカウトが視察に来るぐらい野球が上手い奴がいて、そんなにモテなかったのに高校ぐらいから女の子に「良く見たらイケメンじゃない?」「将来お金持ち…?捕まえたい!」って言われだしたんだけど、怪我で野球が出来なくなった途端全くモテなくなったの見てから女の子が怖い

    Twitter / aonooo (via toronei)

    308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 13:52:13.50 ID:XgR2IqKv0 こんな感じの事をまじでいう↓ ある会社で、従業員から賃上げの要求が出たところ、社長は次のような回答をした。 「一年は365日だが、計算しやすいように366日としよう。 1日8時間労働というのは、1日のうち3分の1だけ働くことであるから、 実働は366日の3分の1。つまり122日である。 そのうち、日曜日が1年間366日の7分の1。つまり52日あり、 週休2日制で土曜休みも52日ある。 そうすると諸君は年間18日しか働いていないことになる。 我が社では、有給休暇で14日休める。 さらに会社創立記念日などの社休が4日あり、これを全部引くと、 結局諸君は1日も働いていないことになる。 従って、会社としては、これ以上月給を上げる必要などないという結論に達したのである。」

    暇人\(^o^)/速報 : ブラック企業勤かわからない- livedoor Blog() (via sayusayukawaii) (via gkojax) (via fialux) (via pdl2h) (via ak47) (via konishiroku, sayusayukawaii-blog) (via gkojax-text) (via yaruo)

    308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 13:52:13.50 ID:XgR2IqKv0 こんな感じの事をまじでいう↓ ある会社で、従業員から賃上げの要求が出たところ、社長は次のような回答をした。 「一年は365日だが、計算しやすいように366日としよう。 1日8時間労働というのは、1日のうち3分の1だけ働くことであるから、 実働は366日の3分の1。つまり122日である。 そのうち、日曜日が1年間366日の7分の1。つまり52日あり、 週休2日制で土曜休みも52日ある。 そうすると諸君は年間18日しか働いていないことになる。 我が社では、有給休暇で14日休める。 さらに会社創立記念日などの社休が4日あり、これを全部引くと、 結局諸君は1日も働いていないことになる。 従って、会社としては、これ以上月給を上げる必要などないという結論に達したのである。」

    暇人\(^o^)/速報 : ブラック企業勤かわからない- livedoor Blog() (via sayusayukawaii) (via gkojax) (via fialux) (via pdl2h) (via ak47) (via konishiroku, sayusayukawaii-blog) (via gkojax-text) (via yaruo)

    hkdmz

    “上司に直接、「自分はこんなにがんばっているのに、なぜ評価されないのか」と聞いたのです。すると上司は、 「お前ががんばっているのはわかっている。でも、それはあくまでお前が考えた基準の『お前なり』のがんばりでしかない。評価されたいなら『会社』の基準に合わせてがんばれ」 と言われました。会社には会社のルールややり方があり、その中で成果や利益を出して初めて評価される、ということに、そこで初めて気付かされました。確かに、それまでの自分は、自分のルールに従ってしか仕事をしていませんでした。 それ以降は、頻繁に上司に、「部下にどんな行動を期待しているのか?」「会社としては、どんなことを私に期待しているのか?」を聞きながら、方向性をすり合わせながら仕事を進めるようにしました。結果として、自分の評価も上がり、会社にいやすくなりました。”

    人気ブラック企業アナリストが、ダメ員を抜け出した方法とは?(3/4) | ビジネスジャーナル (via igi)

    shinjihi

    “ 【質問】  英国では,戦争のときには貴族が率先して志願する,というのは本当か?  【回答】  それほどではないにしても,貴族に対しては庶民より高い行動規範が求められていることは確かである.  しかし,日本人は英国貴族に対し,そもそも大変な誤解がある,という.  貴族には守られねばならない暗黙の了解が幾つもあってめんどくさいし,また,質素な生活をせざるをえない貴族も多い.  以下引用.  英国貴族が今どういう生活をしているかは常識で考えたら誰でも分かることである.  立憲君主国で民主主義国のイギリスで,貴族という位だけはあっても,貴族だけが3世紀前の生活をしていることなどありえず,普通の庶民,市民と同じ生活をしている.称号があるから貴族と呼ばれるだけのことだ.  〔略〕  それでは,当のイギリス人にとっての貴族像はどんなものなのだろうか.  じつは,日本人が抱いている貴族に対する憧れとは全く異なる物なのである.  一言で言えば,貴族というのは特殊な世界で,貴族は大変だ,ご苦労なことだ,と思われているのである.  英国貴族には貴族としての義務があって,「戦争のときには貴族が一番最初に志願しなければいけないんだそうですね」などと聞きかじっている人もいるが,それほどではないにしても,貴族に対してはより高い行動規範が求められていることは確かである.  貴族と一般庶民との最大の違いは,庶民が国を守るために自分の身を捧げなくても誰も何とも言わないし,お腹をすかしているときにパンを盗んでも,モラルの上では何にも言われない.  しかし,もし国が滅びそうになっているときに貴族が自分の身を捧げなかったら,あるいはもしお腹がすいているという理由で貴族がパンを盗んだら,大変な非難を受けるだろう.  国民の規範たれ,などと堅苦しく言われているわけではないが,伝統的に,王室を守って国の柱石になる,というふうな意識が残っている.  もちろん,貴族の中にはそうした意識の低い人もいるし,悪いことをする人もいる.  しかし,貴族の家庭の躾や教育には伝統的にそういう面がある.  アメリカのテレビ番組「ダイナスティ」に出てくるような,あるいは日本で想像されているような華やかで上滑りの,毎日パーティに行って,毎朝遅くまで寝ていて,義務もなくマナーもなく,召使をたくさんこき使って楽に暮らしているのが貴族だと考えたら間違いである.  彼らの生活はもっと質素で厳しい.成金貴族もいないわけではないが,そういう家族は決して尊敬されたり,憧れの的になったりすることはない.  貴族という事に関連して日本人から良く受ける質問がある.  イギリスは階級社会だから,下の階層にいる人はさぞ上の階層に行きたい,貴族になりたいと思っているでしょうね,というものである.  これについては,必ずしもそうではない,という程度にしか答えられない.  なぜかといえば,民主主義国であるにも関わらず,イギリスが階級社会として今まで残ってきた理由は,貴族だけが得をしたり,上流階級だけがいい思いをするようなことがなかったからである.  現在では原則的にはどの階級も平等であり,経済的に特権を持つことはない.  意識の上で階級制度は残っているが,これは無視しても差し支えないくらいのものだ.  極端に言えば,労働者階級は労働者階級として,中産階級は中産階級として,貴族階級は貴族階級として,どの程度もある程度まで自分の階級に満足していたから階級がそのまま残って来た,ということなのである.  もし満足していなかったら,よその国と同じように革命が起こって王政も貴族制度もなくなっていたことだろう.  イギリスは,かつて世界に君臨し,世界中から富を集めてきたというバックグラウンドがあるし,イギリス自体が豊かな国で,長い間の富の蓄積があったために,それぞれの階級が満足してきた.  欲を言えばきりがないけれども食べていくのに困らないし,仕事もまあまあだし,夏休みもちゃんと取れるからこれでいいのではないか,というふうに考える.  貴族階級は貴族階級で昔に比べればずいぶん苦しくなったし,屋敷の維持も大変だけれども,でもまあ,昔の特権を考えても仕方がない,というふうにそれぞれが考えている.  一方で,労働者階級の息子がとても頭が良くてケンブリッジ大学に進学したいと言っても,親が 「まあ,やめたほうがいいよ.うちあたりで何も大学に行って苦労することはないじゃないか」 などと言うのである.  親が子どものお尻を叩いて,いい大学に行かせ,できたらい家の娘と結婚させて,階級を上げて貴族になりましょうなどと考えている人はまずいないと言っていい.  何を苦労して上のクラスに行かなきゃならないんだ.行けば行くほど義務が増えて,小うるさいことがあって,食事にはいつもネクタイを締めていなくてはならず,何かするとすぐに「貴族のくせに」とみんなに非難される.いいことなんか何もないじゃないか.  そんな苦労をするくらいだったら,パブでのんびりビールでも飲んで,庭仕事をして暮らしているよ,というのが平均的な労働者階級の考え方だと思う.  私なども「へーえ,日本人で貴族と結婚した人」とびっくりされることはあっても,貴族になってよかったわねとか,それはすばらしいわねと言われたことは一度もない.  〔略〕 貴族の中にも貧乏な貴族もあるし,お金持ちの貴族もある.  昔から続いている古い貴族の中には,今でも悠々と自分の土地からの上がりで食べていける貴族もあるが,ほとんどの貴族は,土地とお城があればあるほど,それを維持していくのは大変だというのが現状である.  貴族の中にある幾つかの暗黙の了解みたいなものの一つは,王室にたいする忠誠心である.  イギリス人は貴族でなくても忠誠心を持っている国民だが,貴族の場合には特にそれが強い.  もう一つは,イギリスの伝統を守るということである.  イギリスの伝統を守るということの中には,自分の屋敷や畑,土地,絵,家具,そういったものを簡単に処分しない事も含まれる.  自分の家の名前を大事にすると同時に,自分の家に先祖代々から伝わってきた物をできるだけ自分の手で守っていこうと努力する.これが自分の国を守ることでもあるし,地方を守ることでもあるし,また自分の名前を守ることでもあると固く信じている.  〔略〕  貴族の邸を維持するのは非常にお金がかかることである.  貴族の邸が売りに出るときというのは,ひたすら維持費が出せないという理由からである.  大きな邸や館では,電気代だけ,あるいは暖房費だけでも1ヵ月に数万ポンドもかかるといわれる.  こんなに維持費がかかる邸を維持していくために自分の家に伝わる絵を一枚売るとか,銀の食器を全部売るとかして費用を捻出しなければならなくなる.  しかし,できるだけ売るのを避けよう,売らずに頑張っていこうと努力している人たちが多い.  そのために1年のうち少なくとも半年は邸を公開して,入場料をとって一般の人たちに見せたりする.  その収入は無税になる.そういう特別な税法があって貴族の邸は守られている.  ただし,公開している間は自分たちは住めない.  だから,邸の後ろのほうの小さい部屋に住むか,別に小さな小屋を建てて住んで,主家をいわば公衆に売り渡してしまう.  もちろん自分たちのためにも使えるから実際に売り渡してしまうのではないが,このように邸や庭を美術館とか博物館みたいにして人々に公開し,ついでにその地域でできた物産を売ったりする人もいる.  ときには,貴族の奥様が自ら案内して案内料をとることもある.  それにしても,これは全部,自分の土地や邸を守るためにやっていることである.  というように,貴族といっても何もしないで遊んで家を維持していける人はほとんどいない.  仮に自分の屋敷を公開するにしても,そうやって一生懸命働いている.  パーティとか競馬とかいう催し物には華やかに着飾って出かけるが,それ以外のときは普通の人と同じように,自分の家においてであろうと,外へ出ていくのであろうと,やはり仕事を持って暮らしているのである.  古い貴族の家系であろうと,20世紀になって貴族になった家系であろうと,現在では貴族として得をすることは財政的には一つもない.  貴族でも税金は同じであるし,むろん年金がつくわけでもない.  貴族院に出席して政治を討議している人達は時間給というか日当というか,給料が出るが,しかし非常に安い給料である.  〔略〕  ついでに,男性の貴族にとって一番大切なことは何かと言えば,危機に瀕してパニックに陥らないことだろう.危機に瀕してなおかつユーモアの精神があることだ.  ユーモアの精神はイギリス人にとって貴族から労働者階級まで不可欠の物であるが,特に貴族の場合,死ぬか生きるかというような瀬戸際に来ても,それをちょっと捻って笑い飛ばす心の余裕が望まれる. マークス寿子著「大人の国イギリスと子どもの国日本」 (草思社,1992/7/20),p.157-164 & 167  ただし,やり過ぎるとただのモンティ・パイソンになってしまうので注意.”

    British Force FAQ|軍事板題&レス回収機構 (via petapeta)

    あんだけ奮闘してnoteに記事書いてみた翌日にTumblrが恋しくなって戻ってくる女、それが私。

    4月、転職した。以前の職場、コロナでだいぶ傾いているのが分かってきていたので、とにかくバンバン面接を入れまくり、2月中には転職活動を終了させた。ほとんどがオンラインだったので、思っていたよりもスムーズに決まったような気がする。最終以外の対面ってほんとうに時間と交通費の無駄だったんだな。コロナ明けてもオンラインの方が絶対いい、こちら側にはメリットしかない。まぁそんなことはどうでもよくて。私以外にも今後を危惧して辞めることになっていた先輩が2人いて、3月は有休消化でごちゃごちゃになったシフトの擦り合わせをしたり、お互い目の前で色紙のメッセージを書き合ったりするという特殊な日々を過ごした。

    最後の日は、花束のかたちをしたアイシングクッキーとオーガニックコスメの詰め合わせ、皆の写真や私の好きな俳優や漫画のキャラ(これは見た瞬間涙が引っ込むくらい面白かった)がたくさん貼ってある大きな色紙をいただいた。備品のティッシュが空になるくらい、皆でたくさん泣いた。今後ほとんど来なくなるであろう渋谷を目に焼き付けてから乗り込んだ電車に揺られながらも少し泣いた。辞めたくて辞めたわけではなかったし、コロナがなかったらまだまだ続けていたかった。最終出勤から数日は、身体の一部がすぽっとなくなってしまったような感覚に陥るほどに、私はあの場所が、あの場所にいる人たちが大好きだった。でも自分で選んだ退職だ。判断は正しかったと思いたい。だから頑張っている、いま。相変わらず中央線混んでるけど、研修だらけでへろへろだけど、このあいだ会社でコロナ陽性者出たけど、頑張っている。次に会うとき、私は元気でしたよ!と笑顔で言えるように。

    rooibos-tea

    “ふしぎの海のナディア(1990年 - 1991年) - (島編以降、兼絵コンテ) 島編で監督を庵野秀明か ら譲り受けた(庵野は「総監督」となる)ことから、当時「樋口は作品の内容に怒ったNHKが送り込んだ老人演出家」というデマがファンの間で語られた。一 説にはこのデマはガイナックスが意図的に流したともいわれる。当時、角川書店から発行されたイラスト集では「老人演出家」のインタビュー記事が掲載されて いる。”

    樋口真嗣 - Wikipedia (via petapeta)

    rooibos-tea

    “北海道大学名誉教授で『新版 精神医学ハンドブック』の著者でもある山下格医師によれば、「世の中の人は、うつ病の人がいかにも憂鬱な表情で、口数も少なく、うなだれていると考えがちですが全く違います。そういう状態になるのは、かなりの重症のうつ病のみで、絶対多数を占める軽症のうつ病者は、苦痛に耐えながらも相手に悟られぬよう努力して、なめらかに話し、にこやかに笑顔を浮かべて対応するのです」と語っている。”

    彼女は追いつめられ、で働い:日経ビジネン (via clione) (via chiisanaehon) (via nekonomi-note) (via pcatan) (via petapeta) (via nemoi) (via mnak) (via uessai-text) (via heboreal) (via hkdmz)

    nao-7o

    “サービス終了した一般向けのソーシャルゲームが、配信会社を変えて18禁ゲームとして復活した事が話題になっている。元となった作品は、サイバーエージェントが開発し、2013年2月から配信していた『あいこん 47都道府県アイドルコレクション』というスマホ用ソーシャルゲーム。このゲームはプロデューサーとして全国のご当地アイドルをスカウト・育成して成り上がり、NO.1アイドルグループを目指すという内容だったのだが、2014年2月をもってサービス終了。どうも最後まで登場しなかった都道府県もあったようだ。  と、ここまでならば玉石混交のソシャゲ業界ではよくある話なのだが、このゲームはDMMが提供する『アイドルうぉーず~100人のディーバと夢見がちな僕~』という名称のエロゲーとしてまさかの復活を果たし、「二次元アイドルも売れないとAV落ちするのか……」と、同情とも絶望とも付かぬ感情を込めて情報拡散が進められている。”

    AmebaからDMMへ…二次元の世界にもAV落ち」の概念が生まれる
    (via jinakira)

    quote-over100notes-jp

    “『参加者はまず、マクドナルド社のテレビコマーシャルを見せられる。そしてそのあとで、大学院生の仲間のひとりーー実は仕掛人ーーが噂のタネを撒く。 「マックのCMを見るとミミズ肉の噂を思い出さない?ほら、ハンバーガーにミミズの肉を使っているって例の噂だよ」。そして、実験の参加者にマクドナルドのハンバーガーを食べたいかどうか訊ねる。その噂を聞いた学生は、聞かなかった学生よりも同社をはるかに低く評価した。 次に条件を変えて、噂を伝えたあとに、その噂に反論する事実も伝える(マクドナルド社はこの噂を打ち消すために、全国紙で同様のキャンペーンを展開した)。だが「ミミズ肉は高過ぎてとても採算が合わないよ!」「マックが100%ビーフを使っていることは、食品医薬品局(FDA)のお墨付きなんだから……」といった反論もあまり効果がなかった。「ミミズ肉」の噂を聞いた学生は、聞かなかった学生よりもやはり同社を低く評価したのである。 実験を行った大学院生は、ネガティブな連想の”泥が染みついた”と判断した。だがふたたびポジティブなフレームワークを与えれば、悪い評価がもとに戻るのではないかと考え、「ミミズ肉」の噂を伝えたあとで、「でも、ミミズ肉はフランス料理では高級食材なんだよ」といった。「ミミズ肉の意味を読み解くための、ポジティブなフレームワークを与えたのである。帰っらの狙い通りだった。「フランス料理の高級食材」という新たなフレームワークを与えられたことにより、マクドナルド社の評価は通常レベルにまで回復したのである。大学院生たちは「ミミズ肉ハンバーガー」の”泥を上手く振り払う”ことに成功したのだった ニコラス・ディフォンツォ『うわさとデマ』p58~59』 ネガティブなデマに対して反証しても、ターゲットの評価は回復しないが、ポジティブなイメージで上書きをすれば、心象が回復するという実験結果です。 検証をし、それはデマだよと事実を指摘するだけでは不足であることが分かります。”

    日の丸を使い捨て国者」たち - 情報の海の漂流者 (via yamatema)

    shinjihi

    “「草彅」と「草薙」はもともと同じ一族。平将門の乱以降、一族同士が喧嘩してそれぞれ別れたのだが、二度と喧嘩をしないように<矢>と<弓>に姓をそれぞれ分けたのだ。弓矢は二つで一つという武器。歴史好きの父が調べて教えてくれた、草彅家に纏わる良い話です。”

    Twitter / TP_kusanagi (via tkr)

    男の下心につけ込む営業スタイルは、営業される側としては不愉快なんだよ。必要ないのにやたらセクシーな美人を会議に帯同させる会社は本当に多いんだよ。女の色香で経営判断を変えるゲスな奴だと見られてるってことだから、僕も馬鹿にされたもんだね。担当が美人だからって発注するかね?僕はしたよ。

    説教おじツイート (via gkojax)

    “原野商法(げんやしょうほう)とは、原野などの価値の無い土地を騙して売りつける悪徳商法のことをいう。1960年代から1980年代が全盛期であり、新聞の折り込み広告や雑誌の広告などを使った勧誘が盛んに行われていた。 虚偽のリゾート開発や計画段階の新幹線や高速道路建設の計画とリンクさせ、土地の値上がり確実であるとの虚偽の説明を行う。勧誘する地域とは遙かに離れた土地が投機目的の理由で斡旋されることから、現地を訪問して土地を検証することが困難であり、訪問したとしても売りつける土地とは違う他人の土地に案内するなど、追及をかわすさまざまな手口が用意されている。 所有者は元々は一筆である土地の区割りを自由に分筆登記できる制度を悪用して、一坪数円程度の評価額しかない広大な原野の中に、あたかも区画整理が行われたかのような整然とした街区や道路の絵図を描くように細切れの分筆登記を行い、この架空の街区や道路の区画を一区画数百万円という高値で多数の被害者に売り捌くのである。 被害者は虚偽のリゾート開発や公共事業の計画イメージが描かれたパンフレットと、街区状に分筆登記された公図に騙される形で、価値の無い土地を購入してしまう。こうした販売に先立ち、原野商法業者は芸能人や政治家などの著名人やプロスポーツ選手等に無償で一部の街区を譲渡し、「○○氏も所有するリゾート計画地!」等といった騙し宣伝を行う布石を打つ場合もある。 原野商法の舞台となる土地は、余りにも急峻で人里からも離れ過ぎているために、物理的に居住も耕作も不可能な場所である事が殆どで、現地を訪問しようとしても購入した区割りを特定することすら困難である場合も多い。当然ながらこうした人跡未踏の地は市街化区域としての範疇にすら入らない場所のため、宅地造成を始めとする開発行為を申請して許可を得ることもほぼ不可能に近い。 ネットのgoogle mapなどで現地を確認すれば被害を防げる可能性があるが、それでも騙されるのが詐欺であり、2010年代以降でも金山や水源地などと称する新手が登場している。”

    原野商法 - Wikipedia

    “知人がこの前呼んだ自称モデルのP活女「最近CA連中が大挙して愛人クラブとかに押し寄せて、相場下げて安売りしくさって、恥ってもんが無いのかよ、あのゴキブリ女ども!」とご自身の事は棚に上げてたいそうお怒りだったそうで、確かにCAは女性から敵視されてるようですね。”

    “因みに、米国に本社を持つ某グローバル企業のケースなのですが、「女性の私に重ものを運ばせるんておかしい」と主張する女性をジェンダーハラスメントで懲戒処分にします。 この場合の正しい対応方法は ・台車など適切な道具を用いて運ぶ… https://t.co/NGDlR3ChLW”

    西郷さんのツイート