cafsexreturns

    FUCK TUMBLR

    bedtimeforbadgirls

    As soon as his wife goes out, I like to visit my nextdoor neighbour and show him what a slut I am for his huge cock.  A beautiful big cock like his needs to be bare and deep inside me.  No woman can deny a real alpha male the right to her womb. I am sure that soon I will be knocked up with his baby, then all i need to do is convince my beta boyfriend it is his.

    “狩猟者の父親が獣の肉を持ち帰ったように、農耕民の父親が穀物や野菜を持ち帰ったように、現代のサラリーマンの父親はあからさまな不機嫌を持ち帰ることで、彼が家族を養うために不当に苛酷な労働に従事していることを誇示しているのです。”

    下流志向 学ばない子どたち 働かない若者たち (講談社文庫) / 内田樹

    sasakitakashi

    “しかし、去年までなら、ウイルスで人類絶滅ものの小説は淡々と感染が広がる過程を書けば良かったが、これからは次亜塩素水やらGOTOやらイソジンやら、迷走のかぎりを尽くさないとリアリティが欠如するという難しい時代になった。”

    林 譲治さんTwitterを使っています

    nyantria

    イソジンずーっっと前から使ってんのに買えなくなってるみたいで超迷惑‼️

    あと言っとくけど!あれ殺菌力強すぎて逆に良い菌も殺しちゃうし喉痛めるしで風邪ひきやすくなるから指定の量でなく更に滅茶苦茶薄くして使うんだよ。私は口サッパリしたいから使ってるけどエッてくらい薄くしてる。

    hkdmz

    “江戸ッ子の喧嘩は、現代の都会の巷に見られる血なまぐさい決闘とは大分ちがって、決闘ではなしに口喧嘩だった。 立て板に水を流したような、いわゆるタンカを切ることが江戸ッ子の喧嘩の時に出る言葉だったのだ。江戸ッ子は本気に怒った時でも、衆目の前でいきなりなぐりあったりはしなかった。まずタンカを切る。そのタンカが、人の意表をつくとてつもない言葉を発した。すると、この言葉が聞いている周囲の町人たちをどっと笑わせた。 目的はここにあった。相手側も負けまいとしてタンカを切り返す。それがまた相手の意表をつくとっ拍子もない言い方をする。そして、このタンカに見物人が笑う。つまり見物人の笑いの声、あるいはこれにともなう弥次馬のかけ声の多少によって勝負は決したのだ。 笑われることは、江戸ッ子にとって大きな精神上の損傷であったと見えて、笑われる側に追いつめられると、すごすごとその場から姿を消していくのが常だった。もし、覚えていろ、といった捨て科白ぐらいで止どめないで、腕力を振りまわすようなことがあると、かならず弥次馬の中から仲裁人が飛び出して、そんな野暮なことをするなとたしなめられる。江戸の華と言えば喧嘩だが実はほとんど口喧嘩だけで決着した | Kousyoublog 「粋 ⇔ 野暮」ベクトル復活、非常に希望 人間は脆くてカオスだから、こういう基準がないと陰湿や陰惨なカオスにすぐ落ち込む。「どんなに力や富があっても野暮なやつはダメ」というみんなの共通意識が、この頃はきっと自浄作用に繋がっていたんだろうな。”

    江戸の華と言えば喧嘩だが、実はフリースタルバトルだった件 | DDN JAPAN / (DIGITAL DJ Network)